男の人

高熱や吐き気などがある

ウィルス

関節痛や筋肉痛になります

インフルエンザは、早期に発見をして治療を受ける必要があるため、どんな症状が見られるか知っておきたい人が増えています。風邪の場合は少しずつ体温が上昇することが多いですが、インフルエンザの場合は、いきなり38度以上の高熱が出る場合が多いので、気付く人が多いです。インフルエンザの症状のひとつには、全身の倦怠感や関節の痛み、筋肉痛などの他に、頭痛や吐き気などが見られることが多いです。インフルエンザは1日から、3日ぐらいの潜伏期間を経てから、気になる症状が見られることが多いので、病気が疑われる場合は、マスクを必ず着用して、内科のクリニックや病院を受診することが大事です。内科の病院やクリニックでは、高熱が見られる場合は、タミフルなどの注射を行って、様子を見ることが多いです。咳やくしゃみ、鼻水などの風邪に似た症状が見られるため、風邪と間違ってしまい、症状が悪化する可能性があるので、自己判断はせずに、信頼できる医師が在籍をしている病院やクリニックで診察を受けることが大事です。小さなお子様の場合も高熱や関節痛などが見られることが多いですが、早めに熱を下げる必要があるので、普段から休日や夜間でも診療が受けられる病院を見つけておく必要があります。インフルエンザは潜伏期間で症状が出ていない場合でも、人に感染をする可能性があるので、外出をする時はマスクをきちんと着用する必要があります。普段から病気を予防するために、きちんと手洗いをする習慣を付けて下さい。

菌

なりやすい人の特徴と原因

抵抗力が弱い乳児や高齢者は、インフルエンザに感染しやすく合併症にかかるリスクも高いのが特徴です。普段から予防を心がけたりワクチンを接種したりすることで、感染率を下げることができます。万が一インフルエンザに感染しても重篤化を防ぐために効果的です。症状が現れたら、早期に病院を受診し治療を開始しましょう。

マスク

早期の発見で蔓延を防止

インフルエンザの検査には、鼻腔ぬぐい液のよるものと、咽頭ぬぐい液によるものがあります。これらは、医療機関で受けられるうえに、10分ほどで検査結果が出ます。検査のポイントは、インフルエンザの症状が出てから12時間以上経過してから実施することです。

子供

感染症の一種

インフルエンザはウイルス感染症の一種で、発症すると高熱や全身の倦怠感、咳や嘔吐等の症状が現れてきます。抵抗力の弱い子供や高齢者が発症すると重症化しやすいので、くれぐれも注意しておく事が大切だと言えます。