ウーマン

なりやすい人の特徴と原因

菌

治療方法と合併症の予防

インフルエンザと風邪の症状はよく似ていることから、発症していることに気がつかずに重症化したりつらい症状に悩まされる人が少なくありません。インフルエンザの特徴には、熱が急激に上がることや筋肉痛のような倦怠感などがあります。例年、インフルエンザが流行する秋の終わりから春先は、学校閉鎖につながるほどの感染者が多発する時期です。インフルエンザには、A型・B型・C型がありますが、共通している症状には高熱や体のだるさを伴う体調不良があります。感染率を下げたり万が一感染してしまった場合でも症状を悪化させないためには、事前にワクチンを接種しておくことがおすすめです。とくに、小さなお子さんや高齢者の場合、インフルエンザの感染がさまざまな合併症を引き起こすリスクが高いため、手洗いうがいなどの予防も合わせて行うように心がけましょう。肺炎やインフルエンザ脳症などの合併症を引き起こさないためにも、症状が現れたらすぐに病院を受診する必要があります。インフルエンザ自体は、誰でも感染する可能性がある病気です。特に抵抗力が弱い乳児や高齢者は感染しやすいため、外出時のマスク着用や帰宅後の手洗いうがいに力を入れましょう。また、感染力が強いために幼稚園や学校などからウイルスが運ばれ家庭内で感染してしまうケースも見られます。高齢者や乳児がいる家庭では、外からウイルスを持ち込まないことが大切です。インフルエンザに感染した場合は、病院から処方される薬を服用することで熱が下がり次第に完治します。