ウーマン

感染症の一種

子供

一言にウイルス感染症と言っても様々なものがありますが、中でも特に有名なのがインフルエンザになります。この感染症は特定のウイルスに感染する事で発症するのですが、毎年冬頃に感染者が多くなる事でも知られています。感染範囲が拡大する事も決して珍しくなく、この感染症が原因で学級閉鎖等が起きる事もあります。インフルエンザのウイルスは飛沫感染を主な感染経路としているため、感染者の近くでは用心する事が大切です。感染者と接したりした後には必ず丁寧な手洗いうがいをして、感染を予防する事が重要となります。また感染者は症状が落ち着くまでは登校や出社を停止するのが基本で、周囲に感染させてしまうのを最小限に留める事が大切です。インフルエンザに感染して発症した場合に現れる症状については、最初に全身の倦怠感等を訴える人が多いです。そこから急激に状態の悪化が起きて悪寒を伴う高熱の発生、頭痛や関節痛等といった症状が現れてきます。それ以外にも咳や喉の痛みといった呼吸器系の症状や、嘔吐や下痢等の消化器系の症状が現れる事も多いです。ちなみに抵抗力の弱い子供や高齢者がインフルエンザに感染すると重症化しやすいので、特に注意しておく必要があります。インフルエンザの治療方法に関しては対症療法を行うのが一般的で、解熱剤や咳を鎮める薬の処方等が行われます。また高熱が発生する事が多いため脱水状態を避けるために、充分な水分補給を心掛ける事も大切になります。